てっぺん移住

      
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

てっぺんの夏は、あっという間の短さです。
短い期間に凝縮された夏を存分に謳歌するように、花々は競って咲きはじめ、自然も地域の人々も活動的になります。本格的な観光シーズンの到来です。


7月

サロベツ原野が、満開のエゾカンゾウで黄色に染まり、黄色いシマアオジやキマユツメナガセキレイといった希少な野鳥が訪れると、いよいよ夏のはじまりです。気温30℃を超える日もありますが、湿度が低くカラッとした日が多いので、とても快適です。下旬には、海水浴場が開かれ、利尻・礼文島では名物利尻昆布の採取が最盛期をむかえます。

8月

いよいよ、夏本番。水色に澄んだ高い空に白い雲が浮かび、緑濃い大地とのコントラストが美しい季節です。利尻・礼文島では、リシリリンドウなど固有の高山植物が満開になり、農場では紫のジャガイモの花や、白いソバの花が一面に咲きそろい、牧場では牛たちが放牧されるなど、北海道ならではの風景が広がります。各地で夏祭りや、マラソン大会などが開かれ、大勢の観光客でにぎわいます。

てっぺんの気候区分は、「年間を通して気温と湿度が低い」「四季の変化が明瞭である」などの特徴を持つ「冷帯湿潤気候」に属しています。さらに、地理的に「離島と、日本海およびオホーツク海に面する海洋性気候」、「山岳地帯および河川流域などの内陸性気候」という気候地帯に分けられ、気温もそれぞれの特徴がみられます。

7月

稚内市では30度を超えることはほとんどなく、梅雨のない涼しい夏が過ぎていきます。内陸部では、最高気温が30℃以上の真夏日を記録する地域もあります。

8月

上旬から中旬にかけては、夏らしい日が続きますが、お盆を過ぎるころから、朝晩は「寒い」と感じるほどに気温が下がるので注意が必要です。

気候グラフ 夏

夏の服装は、半袖・Tシャツのような夏服ですが、朝晩に気温がぐっと下がることもあるので、軽く羽織るものが必要です。また、汗をかいた服を取り換える着替えもあるとよいでしょう。

7月

日中は気温が上がるため、半袖など夏服で過ごすことができます。朝晩は涼しくなることもあるので、長袖の服や、軽く羽織れるカーディガンがあると便利です。

8月

夏服で過ごせますが、日差しが強いので、紫外線対策に薄手の長袖があるとよいでしょう。お盆を過ぎると、朝晩は寒さを感じることもあるので長袖の服や、カーティガンが必要です。

ベント

一年を通して、各地域で行われるイベントは、その土地の郷土愛につつまれています。季節を迎えたことを喜ぶもの、歴史と伝統を継承するもの、新しく若い力でつくりあげたもの、などバラエティ豊かです。
四季折々のイベントに参加して、観覧して、活気あふれる宗谷を感じましょう。

砂金まつり

中頓別町ペーチャン川砂金掘体験場で毎年お盆に行われる砂金まつり

7月
  • 稚内市 ノーザンロード・カー&おおなごフェスタ
  • 猿払村 さるふつ観光まつり
  • 浜頓別町 クッチャロ湖湖水まつり
  • 中頓別町 中頓別神社祭
  • 枝幸町 枝幸かにまつり
  • 豊富町 サロベツ100マイルロードレース
  • 豊富町 豊富町ホッキまつり
  • 豊富町 豊富温泉観光夏まつり
  • 礼文町 水産まつり・うめーべやフェスティバル
  • 利尻富士町 わんぱくマラソン
  • 利尻富士町(鬼脇地区) 北海島まつり
  • 利尻富士町 親子ふれあい歩こう会
8月
  • 稚内市 稚内みなと南極まつり
  • 浜頓別町 北オホーツク100Kmマラソン
  • 稚内市 最北端・食マルシェ
  • 稚内市 最北端・食マルシェ
  • 中頓別町 砂金まつり
  • 枝幸町 えさし商工納涼まつり
  • 枝幸町 うたのぼりサマーフェスティバル
  • 豊富町 商工夏まつり
  • 礼文町 湖畔まつり
  • 礼文町 海峡まつり
  • 利尻町 利尻浮島まつり
  • 利尻町 飲むべや喰うべやフェスティバル
  • 利尻富士町 うにうにフェスティバル
  • 幌延町 ほろのべ名林公園まつり
◆宗谷管内のイベントスケジュールについての詳細は

宗谷総合振興局ホームページのイベントカレンダーよりご確認ください。